任意売却はこういう事

任意売却という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 住宅を普通に売却するのではなく、銀行などから融資を受けて住宅ローンを組み住宅を購入している場合で、何らかの理由で住宅ローンを返済できなくなったとき、融資を受けている銀行との合意の上で、家を売却する手続きを任意売却というのです。

不況の波が長く続き、現在景気が上向きといってもなかなか上向きと感じるような出来事は起きない物です。 ボーナスカットや残業カットで年収が少なくなってしまった場合、住宅ローンの支払いがきつくなってしまうこともあります。 ボーナスカットによってボーナス払い部分が支払できず、ずるずると返済が滞ってしまうという事もあります。

こうした状況になり、住宅ローンの支払いが継続できない状態が長く続くと、結果的に住宅を売却することになりますが、銀行に残債が残っている場合、銀行に同意を得る必要が出てきます。 同意を得て売却するという事になった場合を任意売却というのです。

でも具体的に任意売却となる状態とはどういった状態なのか、あまりよく理解できないと思う方もいるでしょう。 今回は任意売却という事について、深く理解していこうと考えています。 任意売却になるまでにはどのような状態になるのか、任意売却の流れはどうなるのか、任意売却にメリットはあるのか?ということで理解を深めていきましょう。 あまり考えたくないことですが、万が一の場合に知っておくべき知識です。 住宅ローンの支払いを行っている方は是非、読んでみてください。

 

Copyright © 2014 任意売却とは何か All Rights Reserved.